境港商工会議所がお届けする各種検定の日程や、
 融資、税務などのビジネス情報です。
 2019年01月01日
 
このページは随時更新しています。
2019年01月01日
「2019年に思う」(水産業部会長)
境港商工会議所水産業部会・佐々木六郎部会長の年頭所感を掲載。



佐々木六郎部会長
  境港商工会議所
  水産業部会

  部会長 佐々木 六郎 境港魚市場(株) 代表取締役社長





  明けましておめでとうございます。境港商工会議所会員の皆様には、謹んで新春のお慶びを申し上げます。

 自民党、公明党政権が続く中、日本経済も回復基調をたどり、明るい兆しが見えています。

 世界各国では、極端な気象の変動で地震、豪雨、津波などの被害に見舞われています。我国でも先の九州北部豪雨、また西日本豪雨、北海道地震等々で甚大な被害が発生しました。お見舞い申し上げます。

 境港の基幹産業である水産業界は、西日本最大の高度衛生管理型漁港・市場の整備工事が着々と進んでおり、2022年の中旬には完成する予定です。

 これに伴って設備だけでなく、漁業地域が大規模災害の被害を受けた時の対応として、水産物の流通加工に関する事業継続計画(BCP)を策定するなど、生産性の向上や流通形態も模索しています。また人口減少に伴い、水産分野における外国人労働力の活用も考えているところです。

 現在、全国に13ある特定第三種漁港の全てにおいて、高度衛生管理型市場としての整備が進められており、産地間競争に打ち勝つため、高度衛生管理型市場であることを広くPRしていく必要があります。

 そのため、さかいみなと漁港・市場活性化協議会は、新しく完成する市場のシンボルマークとキャッチフレーズを募集しています。「境漁港の魚介類は安心、安全」ということを全国にアピールし、消費者のニーズに応えていきたいと、業界一体となって頑張っています。

 境漁港の昨年の水揚げ量は前年比91%の11万92トン、水揚げ金額は前年比107%の194億1100万円でした(2018年11月末時点調べ)。ことしも県内外船の入港増を期待し、将来的には水揚げ量20万トンを目標とする中で、引き続き、冷凍・冷蔵の処理能力不足が懸念されます。

 境港市は空港、漁港、港湾そして、水木しげるロードなどの観光名所が備わっていて、県内でも一番外国人観光客が来る街です。

 昨年11月には、セーリング競技・レーザー級の国内最高峰の大会である全日本レーザー級大会が境港で開催されました。ことしは、レーザー級世界選手権大会が開催されます。将来的にはもっともっと賑わってくるでしょう。

 我々水産業界としても、地域の発展のために全力を尽くして貢献したいと思っております。

 ことし一年、会員の皆様、また各企業にとりましても素晴らしい年でありますよう、心から祈念申し上げて新年のご挨拶とさせていただきます。

境港商工会議所・総務課
0859−44−1111
0859−42−6577
cci@sakaiminato.com

  ■関連ページ 各部会長 「2019年に思う」  
  ■掲載者  
さかいみなとポータル 境港の情報発信基地「さかいみなとポ〜タル」に情報をお寄せください。皆様からのオススメ情報をお待ちしています。
こちら[cci@sakaiminato.com]までよろしくお願いします。
境港商工会議所 〒684-8686 鳥取県境港市上道町3002
TEL: 0859-44-1111 FAX: 0859-42-6577 E-mail: cci@sakaiminato.com
Copyright(C) The Sakaiminato Chamber of Commerce Industry All Rights Reserved.